個人再生 - 債務整理の種類 -

個人再生とは

借金の個人再生について紹介したいと思います。借金の個人再生というのは小規模個人再生と給与所得者等再生という二つの方法があります。それぞれで申し立てができる度合いが違っています。借金の再生計画案を出して、それが認可されれば借金の計画案の通りに借金返済をして、残っている債務は免除されることになります。将来的に収入を見込めない人や借金の総額が5000万円以上の人はこの借金の個人再生という方法はできません。借金の自己破産とは違っていて、借金の個人再生手続きは、マイホームを無くすことが無いので安心です。

借金の個人再生の条件は、住宅ローンなどをのぞいた、無担保債務総額が5000万円以下の場合には、適応されます。また、将来的に継続して収入を得る見込みがある人でなければいけません。借金個人再生で重要なことは、小規模個人財政では書面決議で債権者の数や債務総額の5割以上の異議があったときには可決されませんから借金は圧縮されないことになります。借金の個人再生の流れについて紹介したいと思います。まずは手続き開始の申し立てをして、地方裁判所へ再生計画案を提出して、決議、そして認可が下りれば支払って、債権者は債券届けを地方裁判所に出すことになります。

債務整理の無料シミュレーターがあるので、こちらで一度試してみましょう。
債務整理・借金問題の無料シミュレーター