自己破産 - 債務整理の種類 -

自己破産とは

借金返済がどうして不可能になった場合には、自己破産をすることができます。自己破産をすることによって、借金返済から開放されます。自己破産をするには、裁判所による法的な手続きをとらなければなりません。この法的な手続きによって、自己破産することで免責決定が行われます。免責決定が下りることで、借金返済をしなくても良くなります。これは、100万円借金をした人でも、1億円借金をした人でも同じです。免責決定は、自己破産をすることなので、この後は借金返済の取り立てもありません。そして、こうした借金は、親や兄弟といった家族にはなんら関係がありません。自分の借金返済ができなかった場合に、親が肩代わりすることはないのです。自己破産をするには、自分の住んでいる不動産や、株式や貯蓄などの価値の大きなものは、手放さなくてはなりませんが、その他の家に電化製品などはすべて次の日からも使うことができます。そして、自己破産宣告をしたことは誰にも知られず、しかもその後、借金返済をせずに生活できます。近所の人や子供の進学に関しても就職に対しても、誰にも知られずに自己破産することができます。言ってみれば、事故破産は人生の再スタートと考えることもできるでしょう。

債務整理の無料シミュレーターがあるので、こちらで一度試してみましょう。
債務整理・借金問題の無料シミュレーター