任意整理とは

借金返済がどうしても出来ないと分かった時点で、蒸発したり、自殺をしたりする人もいます。借金返済が出来ないことで、命を絶ってしまうのは、本当に悲惨なことです。また、借金返済ができない場合、任意整理をすることによって、借金の額を減らして借金返済を可能にする方法があります。任意整理は、自己破産とは違って、弁護士や司法書士に貸し手に掛け合って、借金の利子を減らし、支払額を返済可能な額に決めてもらう方法です。消費者金融などでお金を借りた場合、その利子はとても高くなっています。もともと、利息制限法という法律があるため、この法律に違反している場合には、弁護士や司法書士が金融会社と話をして、本来の借金返済の額を話し合って決めてくれます。この話し合いには、裁判所は入らないので、自己破産とは違います。利息制限法に基づいて、借金返済をすることになっても、借り手が支払いきることが出来ない場合には、利息をもっと少なくして欲しいという交渉も、弁護士や司法書士がしてくれます。ただ、これは金融会社と彼らの話し合いなので、必ずしも利息を安くしてもらえるというわけではありません。出来るだけ、任意整理を専門としている、弁護士や司法書士に依頼しましょう。

債務整理の無料シミュレーターがあるので、こちらで一度試してみましょう。
債務整理・借金問題の無料シミュレーター