過払い金とは

過払い金とは簡単に言えば債務者が貸金業者に返し過ぎたお金の事をいいます。本来は利息制限法という法律により利息は15~20%以下に定めなければならず、これを超える利息を払った場合は利息を払いすぎていることになります。債務者が消費者金融等の貸金業者から利息制限法を超える利息で借入をしている場合に、利息制限法に基づき、引き直し計算した結果算出される本来支払う義務のないお金のことを過払い金といい、返還請求をすることが可能です。返しても返しても借金がなくならない場合などは、このケースの可能性が高いです。時効になったり、武富士のように貸金業者自体が倒産すると、過払い金があったとしても請求はできなくなりますので、早めに確認しましょう。

債務整理の無料シミュレーターがあるので、こちらで一度試してみましょう。
債務整理・借金問題の無料シミュレーター