債務整理も色々あるんです

借金返済において月々決められた金額を返済していくことが出来れば問題がないのですが、突然の失業や、家族形態の変化によって、借金返済がうまく行かない場合があります。たいていの借金返済は、金融機関において3年から5年の間に行われるのが普通となっています。借金返済がうまく行かなくなった場合、月々の借金返済額を減らし、借金返済の苦悩から逃れる方法が債務整理です。債務整理には、任意整理、特定調停、自己破産、個人版民事再生があります。任意整理は、利息制限法によって利息を見直し、将来にわたって返済額を減らして借金返済することです。ただし、もし300万円の借金があれば、3年から5年以内で返済し、さらに月々の借金返済額が5万円を下回らないといった条件でないと、融資した金融機関と和解できないでしょう。もし、任意整理が出来ない場合には、特定調停や自己破産を考えないといけないでしょう。特定調停と自己破産の違いは、月々の借金返済があるのが特定調停で、自分の財産を手放さなくてすみます。けれども、マイホームなどの財産をすべて手放すのが、自己破産となります。さらに、最近になって個人版民事再生という債務整理の方

債務整理の無料シミュレーターがあるので、こちらで一度試してみましょう。
債務整理・借金問題の無料シミュレーター