債務整理を弁護士に相談するメリットとは?

借金について弁護士に相談する場合には、どのようなメリットがあるのか紹介したいとおもいます。借金を弁護士に相談するメリットというのはほとんどの場合が支払い義務の無い利息を払っていることが多いということです。消費者金融やクレジット会社から借金をした場合には、利息制限法という法律があるのですがこの利息制限法に違反して法律上は支払う義務が無いような利息を支払っていることが大半だといわれています。それらの場合には、最高裁判所の判決で払いすぎている利息を元本に繰り入れて借金を返済することが認められているそうです。また、大体、4年から5年間、借金の借り入れと借金の返済を繰り返していると法律上で返済すべき借金がゼロになっていることがよくあるといわれています。それ以上の期間借金の借り入れと返済を繰り返していれば、理屈上は反対に業者から、借金の返済を払いすぎていて過払い金を返還してもらえるということもあるようです。

もしもサラ金やクレジット会社などの借金が膨れ上がってしまって、自分ではこれ以上借金が返済できなくなっても、いくつかの業者では法律の上ではもう借金を返済する義務はすでになくなっていたり、それどころか過払い金を支払ってもらえることがあるといわれています。利息制限法に従った計算をして、借金の圧縮を自分で行うというのは大変なことですからこれらのこと弁護士に相談するのが一番の近道です。

債務整理の無料シミュレーターがあるので、こちらで一度試してみましょう。
債務整理・借金問題の無料シミュレーター