債務整理の流れについて紹介します

借金を何とか解決したいと思っている人も多いのではないでしょうか。自分の力だけでは借金返済が難しくなって借金について解決したいと思っている人も多いことでしょう。まずは借金解決には弁護士やその道のプロに相談することが一番です。そして弁護士や司法書士と面談をして借金について相談をして、債務整理の方法などについて話し合いをします。そして弁護士から借金をしている先の各金融会社あてに、受任通知が発送されますから、受任されたあとは、借金をしていた先からの督促がストップされますし、毎月返済していた借金の返済も必要がありません。

そして弁護士が借金をしていた先と交渉を始めます。借金をしていた先から取引でどれくらい借金があったのかを見せてもらって、利息制限法を利用して、借金の総額の計算をしなおすことになります。そして借金をしていた先から借金の総額の計算をし残した額の残った借金の額によって、どうやって債務整理をするのかを考えていきます。例えば任意整理であったり自己破産であったりといったように借金の整理の手続きが開始されます。もしも借金の総額を計算したときに過払い金が発生したときには返還請求をして返してもらいます。

債務整理の無料シミュレーターがあるので、こちらで一度試してみましょう。
債務整理・借金問題の無料シミュレーター